MODx Kalender 導入

1.Kalender_1.zip 入手・インストール
http://modxcms.com/Kalender-1210.html
よりKalender_1.zipをダウンロードして展開。
展開後、出現するディレクトリ
kalender/

[webroot]/assets/snippets
配下に配置。

—– シェルコマンド —————–
cd [webroot]/assets/snippets
wget http://modxcms.com/assets/snippets/repository/repo_download/download.php?dwnParam=YXNzZXRzL3JlcG9zaXRvcnl8MTIxMnxyZXBvX2Rjb3VudHxyZXBvLTEyMTIuemlwfEthbGVuZGVyXzEuemlw
unzip Kalender_1.zip
rm Kalender_1.zip
————————————–

===================================================================================

2.スニペット作成
MODx管理画面にてスニペット”Kalender”を作成。
[webroot]/assets/snippets/kalender/kalender_snippet_copy_this.php
内のコードをペースト。

===================================================================================

3.カレンダー用コンテンツ作成
MODx管理画面にて以下のような構成でドキュメント作成

カレンダー親フォルダ
├○月フォルダ
│ ├△日コンテンツ
│ ├▲日コンテンツ
│ └×日コンテンツ
├●月フォルダ
│ ├△日コンテンツ
│ ├▲日コンテンツ
│ └×日コンテンツ

※コンテンツについて
コンテンツ作成時、「公開日時」を設定することで、カレンダーに着色&onmouseイベントを設定できる。
また、コンテンツの「内容」がonmouseイベント時にレイヤー表示される。

※月別フォルダについて
コンテンツを整理するためのもので、なくてもよい。

===================================================================================

4.カレンダー表示
カレンダーを表示する箇所に以下を記述
[!Kalender? &parent=`カレンダー親フォルダID`!]

※その他パラメータ等
theme テーマ/デフォルト「gold」

===================================================================================

5.デザイン変更方法

(1)assets/snippets/kalender/themes以下にデフォルトテーマ「gold」が格納されているので、
「silver」などの任意のフォルダへコピーして編集する。

(2)カレンダー呼び出し時、themeパラメータを設定することで利用する。
[!Kalender? &parent=`カレンダー親フォルダID` theme=`silver`!]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。